北の道リサーチ
国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所TOP CERI

( 案内図 )

寒地道路研究グループ雪氷チーム雪崩対策に関する技術情報サイト研究レポート

雪崩対策に関する技術情報サイト

 

 

 

研究レポート

降雪終了後の雪崩発生判断手法について
寒地土木研究所 月報 第832号, 2022年06月

 

日降雪深の発生頻度の簡易推定手法
寒地土木研究所 月報 第822号, 2021年09月

 

気象データを用いた短時間多量降雪時の雪崩発生頻度の推定
寒地土木研究所 月報 第807号, 2020年07月

 

雪崩予防柵に発生する巻きだれの安定度評価について
寒地土木研究所 月報 第796号, 2019年09月

 

雪崩と急速流動現象の対策に関する国際シンポジウムに参加して
寒地土木研究所 月報 第794号, 2019年07月

 

雪崩発生条件を満たす降雪事例の頻度解析
寒地土木研究所 月報 第792号, 2019年05月

 

雪崩予防柵に発生する巻きだれの観測について
寒地土木研究所 月報 第786号, 2018年11月

 

短時間多量降雪時の雪崩発生リスクを簡便に把握する手法
寒地土木研究所 月報 第780号, 2018年05月

 

短期間多量降雪時の雪崩発生に関わる積雪密度の時間変化に関する現地観測
寒地土木研究所 月報 第770号, 2017年07月

 

雪崩予防柵に作用する雪圧の設計値と観測値の比較
寒地土木研究所 月報 第760号, 2016年09月

 

雪崩予防柵の設計荷重の考え方とその変遷について
寒地土木研究所 月報 第755号, 2016年04月

 

振動実験に基づく斜面積雪の地震応答と雪崩発生推定手法の提案
寒地土木研究所 月報 第754号, 2016年03月

 

雪崩予防柵周辺の効率的な除排雪工法の検討
寒地土木研究所 月報 第750号, 2015年11月

 

地震による雪崩発生条件に関する検討
寒地土木研究所 月報 第733号, 2014年06月

 

雪崩予防柵の列間斜距離に関する設計上の考え方について
寒地土木研究所 月報 第718号, 2013年03月

 

雪崩予防柵の列間斜距離に関する一考察
寒地土木研究所 月報 第701号, 2011年10月

 

ネット工によるすり抜け現象を伴う雪崩の対策効果について
寒地土木研究所 月報 第685号, 2010年06月

 

「北海道の地域特性を考慮した雪崩対策の技術資料(案)」について
寒地土木研究所 月報 第685号, 2010年06月

 

ベーン試験器を用いた簡易な積雪安定度調査手法の提案について
  平成20年度 第52回 北海道開発技術研究発表会,2009年02月

 

すり抜け現象を対象とした雪崩対策技術資料案の作成について
  平成20年度 第52回 北海道開発技術研究発表会,2009年02月

 

斜面積雪が雪崩予防柵面をすり抜ける現象の発生条件
  寒地土木研究所 月報 第665号, 2008年10月

 

道路雪崩対応に関する研究の取り組みについて
  (一財)北海道道路管理技術センター 北の交差点
    VOL.22 AUTUMN - WINTER 2008

 

研究紹介報告書 土木研究所 研究報告書

平成30年度 研究報告書(雪崩危険度評価)

平成29年度 研究報告書(雪崩危険度評価)

平成28年度 研究報告書(雪崩危険度評価)

平成27年度 研究報告書(雪崩発生リスク)

平成26年度 研究報告書(雪崩災害の危険度評価)

平成25年度 研究報告書(雪崩災害の危険度評価)

平成24年度 研究報告書(雪崩災害の危険度評価)

平成23年度 研究報告書(雪崩災害の危険度評価)

平成23年度 研究報告書(合理的設計手法)

平成22年度 研究報告書2(雪崩災害の危険度評価)

平成22年度 研究報告書1(雪崩災害の危険度評価)

平成22年度 研究報告書(合理的設計手法)

平成21年度 研究報告書(合理的設計手法)

 

本レポートを表示するには、無償配布のAdobe Acrobat Readerが必要になります。Acrobat Reader

 

 

 


ページの最初にもどる


このサイトについて

Copyright 2022 国立研究開発法人
土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved


ダイヤルイン番号