寒地道路保全チーム

研究課題
技術資料・マニュアル
論文・資料
実験施設
寒地道路保全チームでは、積雪寒冷地の舗装技術全般に関する研究を中核とした研究活動を行っています。 低温、凍結融解、融雪水など積雪寒冷地特有の厳しい自然条件に対応するため、舗装の設計、施工、維持修繕、冬期路面対策などの面で、研究の成果が技術基準などに活用されています。
Topics

寒地道路保全チームでは、道路舗装に関する各種マニュアルや技術資料を作成しています。

PDF版のダウンロードはこちらから

写真:アスファルト舗装作業の様子

研究課題

Research themes

 

中長期計画の研究課題

主要研究

○ 舗装マネジメントの効率化に関する研究(2016~2021年)詳細

既存の路面性状調査手法の改善(効率化/精緻化)及び構造的な破損箇所における適切な舗装手法や軽度破損時の延命化手法の構築を行う。

詳細を閉じる

○ 構造物固有の凍害・複合劣化のメンテナンス技術に関する研究(2016~2021年)詳細

既設橋梁の床版の長寿命化に向けて、劣化損傷特性を踏まえた評価手法を構築し、対策(補修・補強・舗装等)技術を開発する。

詳細を閉じる

○ 凍上・凍結融解を受ける舗装や切土のり面の耐久性向上技術に関する研究(2016~2021年)詳細

凍上・凍結融解等を受ける舗装の効率的点検・診断・評価技術の開発・導入による効率化・省力化、信頼性の高い補修補強、耐久性の高い更新・新設に関する技術の開発・導入により、安全・安心な社会基盤を構築するとともに、長寿命化・ライフサイクルコストの低減を図る。

詳細を閉じる

○ 循環型社会に向けた舗装リサイクル技術に関する研究(2016~2021年)詳細

アスファルトコンクリート塊の高い再資源化率を持続的に維持していくことを目的として、舗装再生骨材の高混入率による低品位化、中温化技術の適用拡大、積雪寒冷地での課題に対して、再生骨材・混合物の品質に応じた適用条件等を明らかにする。

詳細を閉じる

○ 費用対効果による冬期道路管理水準の評価技術に関する研究(2016~2021年)詳細

道路管理作業を考慮した路面すべり抵抗値、道路有効幅員および路面平坦性の推定手法と、冬期走行環境下における走行速度・時間信頼性・ユーザー満足度の評価手法を開発する。

詳細を閉じる

重点研究

○ コンクリート舗装の維持修繕に関する研究(2015~2018年)詳細

コンクリート舗装の維持及び修繕に関して、既存の修繕工法の改善、補修材の評価方法及び材料開発、早期交通開放な修繕工法の改善を行う。

詳細を閉じる

○ 積雪寒冷環境下における長寿命なアスファルト舗装構造の構築に関する研究(2016~2020年)詳細

理論的設計手法を用いて設定した新規性の高い長寿命舗装が、実物大スケールや実際の供用道路で期待される性能を示すのかを検証するともに、積雪寒冷環境下において理論的設計法を用いてアスファルト舗装を設計するための体系的な手法を構築する。

詳細を閉じる

○ 機能性SMAの積雪寒冷環境下における耐久性向上技術に関する研究(2016~2020年)詳細

機能性SMAの長期的な耐久性の追跡・検証とライフサイクルコスト分析を実施し、機能性SMAの耐久性や機能性が安定的に得られるように設計・施工する技術も併せて確立することで、舗装の耐久性向上、維持管理コストの低減に寄与する。

詳細を閉じる

基盤研究

○ 表面研削処理による舗装の冬期路面摩擦等の機能性付与技術に関する研究(2017~2020年)詳細

コンクリート舗装、アスファルト舗装の維持及び修繕に関して、比較的安価な表面研削技術に着目し、新たな舗装の機能性付与技術を提案し、冬期路面の安全性向上やコスト縮減に寄与する。

詳細を閉じる

 

 

各種取組の紹介

Introduction

各取組についてのPDFをダウンロードできます。

 

 

技術資料・マニュアル

Technical Manual

道路舗装に関する各種マニュアルや技術資料を作成しています。PDF版をダウンロードできます。

若材齢時ショットブラスト方式による骨材露出工法 設計施工マニュアル(案)
北海道における道路舗装の耐久性向上と補修に関する技術ハンドブック
北海道型SMAの施工の手引き(案)
北海道における中温化舗装技術の適用に関する指針(案)
積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の設計・施工に関する手引き(案)

 

 

論文・資料

Paper & Documents

寒地道路保全チームが発表した論文や資料は、こちらからご覧下さい。

寒地土木研究所(寒地土木技術情報センター)

 

 

 

パンフレット

Pamphlet

小学校低学年を対象として道路の役割と大切さ、道路を守り機能させるための維持管理の重要さを知ってもらうための小冊子、「バン・ブリ・トンのカレーライス」のPDF版をダウンロードできます。

(産学官のメンバーで構成される北海道土木技術会舗装研究委員会道路維持懇話会が監修し,当チームの前身である維持管理研究室および財団法人北海道道路管理技術センターが発行した小冊子です。)

道路の社会的役割と機能から、道路パトロールと維持修繕、除雪作業、防災、舗装マネジメントまでを子供が理解しやすいように動物キャラクターのエピソードを通じて解説するとともに、大人が子供に説明するための情報も掲載されています。

PDFのダウンロード

 

 

 

実験施設

Experimental facility

寒地道路保全チームが実験を行う施設「苫小牧寒地試験道路」については、下記をご覧下さい。

苫小牧寒地試験道路