国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所TOP Topへ
( 案内図 )
   北の道(寒地道路研究グループ)HOME > 苫小牧寒地試験道路
サイト内サーチ 北の道リンク
English
 
  苫小牧寒地試験道路
 
 苫小牧東部地域に延長約2.7km、周回可能なテストコース「苫小牧寒地試験道路」があります。
 コースの所在地は苫小牧柏原で、日高自動車道の苫小牧中央インターから国道235号を苫小牧方向に約2キロ進んだ位置にあります。コースの形状は周回延長2,700mで1,200mの直線部2本と160mの2つのカーブからなっています。直線部は高規格幹線道路対応4車線区間と一般道路対応2車線区間があり、 高速での実験が可能です。
 
試験道路の概要
・所在地:苫小牧市字柏原211番地1
・試験道路の諸元:
 敷地面積 約21ha
 全長 2,700m (直線区間 1,200m)
 舗装構成 A交通
 
苫小牧寒地試験道路で実施される主な研究課題
●実験計画
 1) 冬期における交通事故の減少と交通の円滑化
 2) 郊外部で多発する重大事故の減少ならびに被害軽減
 3) 積雪寒冷地により適合した低騒音舗装の開発
 4) 寒冷地走行支援システムによる冬期走行負担軽減と冬期交通事故の防止
 5) 新たな道路情報提供システム開発、冬期多重衝突事故の防止対策手法の確立

●活用方法
 1) 産・学・官との共同研究・受託研究の公募及び実施
 2) 職業ドライバーの安全運転トレーニング
 3) 一般ドライバーに対する啓発普及活動への活用
 4) 雪氷対策機械の開発・検証フィールドとしての活用
     

ランブルストリップス

すべり試験 走行試験 施設の全景
 


このサイトについて

Copyright 2015 国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved

ダイヤルイン番号