北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

大宮研究員が「寒地技術賞(計画部門)」を受賞、令和4年度「第38回 寒地技術シンポジウム」に参加しました。

寒地道路研究グループ : 2022年12月 6日

 令和4年11月30日(水)~12月2日(金)に、札幌市教育文化会館で「第38回寒地技術シンポジウム」が開催されました。
 寒地道路研究グループに関係するテーマとして、5本の論文を発表しました。

 
 また、令和3年度に、雪氷チーム 大宮哲研究員が発表した「少雪地域における集中降雪の実況把握~積雪深以外のアメダスデータを用いた降雪量推定」と題した技術論文が、寒地技術開発の向上に資することが評価され「寒地技術賞(計画部門)」を受賞しました。

 

■大宮哲研究員の受賞論文の概要はこちら
 → https://www2.ceri.go.jp/news3/archives/000127.html

 

■令和4年度の論文発表者名と発表タイトルはこちら
 → https://www2.ceri.go.jp/news3/archives/000129.html

 

▲「寒地技術賞」を受賞した大宮研究員

▲「寒地技術賞」表彰式の状況

 

▲開会式の状況              ▲質問を行う松澤グループ長

 

▲質疑に回答する原田主任研究員      ▲吉井研究員の発表状況

 

▲松下総括主任研究員の発表状況            ▲齋藤研究員の発表状況

----------------------------------------

■寒地技術シンポジウムWebサイト
 → http://www.decnet.or.jp/project/ctc/

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved