北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

寒地技術シンポジウム2020で発表しました

寒地道路研究グループ : 2020年11月27日

2020年11月25日~26日に札幌コンベンションセンターで開催されました第36回寒地技術シンポジウム2020におきまして、寒地道路研究グループから発表が行われました。当シンポジウムは、会場とオンラインのハイブリットによって開催されております。


松澤グループ長:吹雪量と視程の関係に関する一考察


金子総括主任研究員:吹き止め式防雪柵開口部における強風の現地観測と数値解析


松下主任研究員:防雪柵開口部・端部における副防雪柵の対策効果について


徳永主任研究員:凍結防止剤散布作業支援技術の構築と検証について


高橋研究員:雪崩予防柵に発生する巻きだれの崩落条件について


四辻研究員:冬期交通事故リスク情報による並行ルート間の交通量転換に関する実現可能性


齊田研究員:スマートフォンを用いた実道における冬期危険度評価実験


齊田研究員:深層学習を用いた冬期道路の路面領域判別に関する基礎的検討


詳細につきましては、主催者のホームページをご覧ください。

http://www.decnet.or.jp/project/ctc/

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved