北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

雪氷研究大会 (2020・オンライン)で発表を行いました

寒地道路研究グループ : 2020年11月18日

2020年11月16日から18日にかけまして、日本雪氷学会、日本雪工学会主催の雪氷研究大会 (2020・オンライン)が行われました。

寒地土木研究所寒地道路研究グループからは以下の発表がされました。


松澤グループ長:吹雪時の指定の時間変化に関する一考察 ー時間平均視程と偏差ー


原田主任研究員:一回の極端な暴風雪の厳しさを評価する指標の検討 ーその1:暴風雪事例を網羅的に解析するためのデータセットの作成ー


松下主任研究員:降雪後の斜面積雪の安定性評価に関する試み


大宮研究員:降雪時の雨量計の捕捉率に関する新たな関係式の提案 ー風速変化の小さな降雪事例に着眼してー


櫻井研究員:超短パルスレーザー金属表面処理による超親水性付与と着雪の融解




原田主任研究員が雪氷と社会基盤のセッションで、大宮研究員が吹雪のセッションで座長を務めました。



詳しくは主催者のホームページを参照ください。

https://sites.google.com/view/2020jcsir-online/

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved