北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

所内研究成果報告会で発表しました

寒地道路研究グループ : 2020年9月23日

9月18日に令和元年度終了課題の研究成果報告会が開催されました。これは、令和元年度に
終了した研究課題に関して、研究所内部職員を対象に行われたものです。

寒地道路研究グループからは以下の5課題の報告を行いました。

  • 寒地交通チーム: 冬期路面予測の広域化推進手法に関する研究(齊田研究員)
  • 寒地交通チーム: 冬期道路環境下での自動走行に関する研究(宗広主任研究員)
  • 雪氷チーム: 切土道路における吹きだまり予測モデル開発に関する研究(武知研究員)
  • 雪氷チーム: 雪崩予防柵への巻きだれの安定度評価手法に関する研究(高橋研究員)
  • 雪氷チーム: レーザーを用いた落氷雪事故防止技術に関する研究(櫻井研究員)

各々の研究成果は、月報などを通じて公表する予定です。(既に公表済のものもあります)

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved