北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

令和元年度土木学会全国大会第74回年次学術講演会で発表しました

寒地道路研究グループ : 2019年9月12日

「土木学会全国大会第74回年次学術講演会」が「激甚化する自然災害,挑戦する土木 ~レジリエントな社会の構築に向けて~」というテーマで、2019年93日(火)から5日(木)までの3日間に香川県の香川大学幸町キャンパスでが開催されました。

                              

寒地道路研究グループからは、以下の2件の研究発表を行いました。

                                                            

【寒地交通チーム】

 スマートフォンを用いた冬期歩道における転倒危険箇所検出実験 : 齊田研究員

                                                            

【雪氷チーム】

 切土道路における吹きだまりの発達過程に関する調査事例

 -切土法面の高さが吹きだまりの発達速度に及ぼす影響について-: 武知研究員

                                                        

DSC06076_2.jpg

                  ▲会場(香川大学)

                                                     

DSC06209.jpg

▲全体討論会「レジリエントな社会の構築に向けて~未来に向けて土木が担うもの~」

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved