北の道

HOME > 雪氷チーム > 北の道リサーチNEWS

第34回寒地技術シンポジウムで発表しました

雪氷チーム : 2018年12月 7日

平成30年12月5日から7日の期間、札幌コンベンションセンターにおいて、第34回寒地技術シンポジウムが開催され、雪氷チームからは松下主任研究員、高橋研究員、國分研究員が発表を行いました。

発表タイトル:

・降雪の発生頻度に関する簡易評価手法: 雪氷チーム 松下主任研究員

・雪崩予防柵に発生する巻きだれの安定度計算について: 雪氷チーム 高橋研究員

・暴風雪警報時における「吹雪の視界情報」アクセス数の推移について: 雪氷チーム 國分研究員

会議の詳細については以下のホームページを参照してください。
http://www.decnet.or.jp/project/ctc/

CIMG0937.jpg

<< 雪氷チーム TOPページへ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved