北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

【北の道リサーチニュース:第182号(2018年11月)】を発行しました

寒地道路研究グループ : 2018年11月27日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【北の道リサーチニュース:第182号(2018年11月)】
 "寒地道路のリサーチセンター"
 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所寒地道路研究グループ発行
 http://www2.ceri.go.jp/jpn/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■寒地道路研究グループニュース
01:ワイヤロープ式防護柵整備ガイドライン(案)を改訂しました(寒地交通チーム)
02:平成30年度国土交通省国土技術研究会で「優秀賞」を受賞しました(雪氷チーム)
03:第34回寒地技術シンポジウムで発表します(寒地道路研究グループ、
 寒地道路保全チーム)
04:第16回ITSシンポジウム2018にて発表します(雪氷チーム)
■研究紹介
05:(技術資料)雪崩予防柵に発生する巻きだれの観測について(雪氷チーム)
■関連研究チームニュース
06:「浦臼町産業観光グランドデザインフォーラム」にて講師を務めました
 (地域景観ユニット)
07:日本造園学会 北海道支部研究会「北海道におけるPark-PFIを展望する」でモデ
 レータを務めました(特別研究監)
08:「函館市屋外広告物講習会」にて講師を務めました(地域景観ユニット)
09:「寒地土木研究所 現地講習会(旭川)」で講師を務めます。(地域景観ユニット)
10:第14回「土木学会景観・デザイン研究発表会」で発表します。(地域景観ユニット)
11:北海道開発局の研修でコンクリート実習の講師を務めます(耐寒材料チーム)
12:現地講習会で講師を務めます(耐寒材料チーム)
13:fibミーティングに参加します(耐寒材料チーム)
14:土研 新技術セミナーin札幌で講演します(耐寒材料チーム)
15:北海道土木施工管理技士会専門技術講習会で講師を務めます(耐寒材料チーム)
16:第23回舗装工学講演会に参加します。(寒地道路保全チーム)
■北の道ナビニュース
■道内・国内・海外ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■寒地道路研究グループニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01:ワイヤロープ式防護柵整備ガイドライン(案)を改訂しました(寒地交通チーム)
→ http://www2.ceri.go.jp/wire_rope/index.html
----------------------------------------------------------------------------
 ワイヤロープ式防護柵は車線逸脱事故抑止、設置必要幅が小さい、乗員への衝撃を
大幅に軽減する、施工性が良い、コストが安いといった特徴をもつ防護柵です。国土
交通省では、重大事故につながりやすい暫定二車線区間での高速道路の正面衝突事故
の緊急対策として、昨年度からラバーポールに代えてワイヤロープを設置し、安全対
策を検証した結果、土工区間について本格的に設置を進める方針です。ワイヤロープ
式防護柵整備ガイドライン(案)は設置に際し、基本的な仕様、施工方法や維持管理
方法を示しています。今回の改訂の主な変更点は、既設橋梁対応支柱の固定方法の変
更です。詳しくはワイヤロープ式防護柵のホームページをご覧下さい。
---------------------------------------------------------------------------
02:平成30年度国土交通省国土技術研究会で「優秀賞」を受賞しました(雪氷チーム)
→ http://www2.ceri.go.jp/news3/archives/000013.html
----------------------------------------------------------------------------
 11月1日~2日に開催された平成30年度国土交通省国土技術研究会<自由課題一般部
門(安全・安心Ⅰ)>において、雪氷チームの大宮研究員が「優秀賞」を受賞しまし
た。
受賞論文(優秀賞)
・XバンドMPレーダを用いた吹雪観測の可能性について
---------------------------------------------------------------------------
03:第34回寒地技術シンポジウムで発表します(寒地道路研究グループ、
 寒地道路保全チーム)
→ http://www.decnet.or.jp/project/ctc/
----------------------------------------------------------------------------
 12月5日(水)から12月7日(金)まで、札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東
札幌6条1丁目1-1))にて、標記シンポジウムが開催されます。シンポジウムは、実学
と理論、工学から人文科学に及ぶ異分野間の交流により、北国・雪国の個性的な生活
文化の構築や柔軟で強固な地域づくりに寄与することを目指して毎年開催されていま
す。寒地道路研究グループ、寒地道路保全チームから以下の発表を行います。

【寒地交通チーム】
・カーブ区間における路面すべり抵抗計測技術について:徳永主任研究員
・冬期走行環境が走行速度に及ぼす影響の評価に向けた長期計測試験:齊田研究員

【雪氷チーム】
・暴風雪警報時における「吹雪の視界情報」アクセス数の推移について:國分研究員
・降雪の発生頻度に関する簡易評価手法:松下主任研究員
・雪崩予防柵に発生する巻きだれの安定度計算について:高橋研究員

【寒地道路保全チーム】
・機能性SMAについて:白戸総括主任研究員
----------------------------------------------------------------------------
04:第16回ITSシンポジウム2018にて発表します(雪氷チーム)
→ http://www.its-jp.org/event/its_symposium/16th2018/
----------------------------------------------------------------------------
 平成30年12月13日~14日に同志社大学今出川キャンパスで開催される第16回ITSシ
ンポジウム2018において発表します。

・地上雨量計および気象レーダによる降雪観測値に対する補正方法の検討
 :大宮研究員 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■研究紹介
 寒地土木研究所月報に最近掲載した研究事例を紹介します
 くわしくはこちら → http://thesis.ceri.go.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
05:(技術資料)雪崩予防柵に発生する巻きだれの観測について(雪氷チーム)
→ http://thesis.ceri.go.jp/db/documents/public_detail/63573/
----------------------------------------------------------------------------
 雪崩予防柵は、雪崩発生区対策の有効な手段となっているが、大きく張り出した雪
塊(巻きだれ)は落下により走行車両に影響を与える可能性があり、除去に要する時
間や費用が課題となっている。本稿では、2016年より観測を始めた道内2箇所における
巻きだれの現地調査結果と、それに基づく巻きだれの崩落条件の試算結果を報告する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■関連研究チームニュース
 寒地道路研究グループの研究チーム以外で道路事業関連の研究を実施している研究
チームからのニュースをお伝えするコーナーです。
・地域景観ユニット:社会資本空間の景観向上や観光利活用などに関する研究
・寒地構造チーム:地震,落石,厳しい寒さなどから橋や道路を守る技術
・寒地地盤チーム:北海道に広く分布する泥炭地盤特有の問題や凍上被害対策
・防災地質チーム:崖崩れなどの監視システムや予測技術
・耐寒材料チーム:厳しい自然環境に適応したコンクリート構造物技術
・寒地道路保全チーム:寒冷地における舗装技術や道路保全技術に関する研究
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
06:「浦臼町産業観光グランドデザインフォーラム」にて講師を務めました
 (地域景観ユニット)
→ http://scenic.ceri.go.jp/news/archives/000366.html
----------------------------------------------------------------------------
 10月26日(木)、浦臼町役場にて同町主催の標記フォーラムが開催され、松田総括
主任研究員が以下の基調講演を行いました。

・「これからの浦臼町の"道の駅"を考える」:松田総括主任研究員

 本フォーラムは、浦臼町の農業など地域の魅力を生かした産業観光の振興と、その
拠点としての「道の駅」の活用について議論するために開催されました。フォーラム
には川畑副町長をはじめ役場職員やグランドデザイン検討会関係者、道の駅関係者の
他、農業者や一般町民など約30名が参加し、熱心な意見交換が行われました。
----------------------------------------------------------------------------
07:日本造園学会 北海道支部研究会「北海道におけるPark-PFIを展望する」でモデ
 レータを務めました(特別研究監)
→ http://www.jila-hokkaido.com/
----------------------------------------------------------------------------
 10月29日(月)、北海道大学で開催された日本造園学会北海道支部主催の研究会「北
海道におけるPark-PFIを展望する」Part 1において、太田特別研究監がモデレータを
務めました。12月5日(水)に同じく北海道大学で開催されるPart 2でもモデレータを
務めます。
 この研究会は、毎回、造園分野に関連する特定のテーマを設定して、産学官の交流
や人材育成を図ることを目的に年数回開催されるもので、次回Part 2も「公募設置管
理制度(Park-PFI)」をテーマに議論を行います。研究会はどなたでも参加できます。
----------------------------------------------------------------------------
08:「函館市屋外広告物講習会」にて講師を務めました(地域景観ユニット)
----------------------------------------------------------------------------
 11月14日(水)、函館市役所にて同市主催の標記講習会が開催され、田宮研究員が
以下の講演を行いました。

・「沿道の屋外広告物が景観と広告効果に与える影響」:田宮研究員

 本講習会は、屋外広告物の表示と掲出物件の設置に関する知識の習得を目的として
開催されました。講習会には屋外広告業者や広告主など約20名が参加しました。
----------------------------------------------------------------------------
09:「寒地土木研究所 現地講習会(旭川)」で講師を務めます。(地域景観ユニット)
----------------------------------------------------------------------------
 12月4日(火)、寒地土木研究所が主催する現地講習会が旭川開発建設部にて開催さ
れ、地域景観ユニットからは岩田研究員が以下の講演を行います。

・「利用者ニーズに配慮した「道の駅」の魅力向上手法について」:岩田研究員
-----------------------------------------------------------------------------
10:第14回「土木学会景観・デザイン研究発表会」で発表します。(地域景観ユニット)
→ http://www.jsce.or.jp/committee/lsd/conference/index.html
----------------------------------------------------------------------------
 12月8日(土)-9日(日)、長崎市民会館にて標記発表会が開催され、地域景観ユニット
から以下の発表を行います。

【ポスター発表】
・「街路樹の景観向上機能に着目した印象評価実験について」:高橋主任研究員
・「SD法における形容詞の対極語が景観評価結果に及ぼす影響について」
 :田宮研究員
・「良好な河川景観の創出に向けた河道内樹林伐採手法の検討」:岩田研究員
・「寒地土木研究所で公表した「北海道の色彩ポイントブック」とその概要について」
 :笠間研究員
・「木製バリアフリー歩道の開発に向けた白杖の打音に着目した舗装材の官能評価」
 :榎本研究員
----------------------------------------------------------------------------
11:北海道開発局の研修でコンクリート実習の講師を務めます(耐寒材料チーム)
------------------------------------------------------------------------------
 11月29日(木)に土木技術初級研修の「コンクリート実習」で菊田総括主任研究員、
 嶋田主任研究員、野々村研究員、長谷川研究員が講師を務めます。
------------------------------------------------------------------------------
12:現地講習会で講師を務めます(耐寒材料チーム)
------------------------------------------------------------------------------
 12月4日(火)に旭川開発建設部,12月21日(金)に札幌開発建設部で開催される
 現地講習会(主催:寒地土木研究所,北海道開発局)において、講師を務めます。

・コンクリート構造物の補修対策施工マニュアル(案)の概要:内藤主任研究員
------------------------------------------------------------------------------
13:fibミーティングに参加します(耐寒材料チーム)
------------------------------------------------------------------------------
 12月6日(木)~8日(土)にドイツのカールスルーエで開催されるfibミーティング
(主催:fib(Federation internationale du beton))に参加し研究成果を報告しま
 す。

・Selection of Interventions(対策の選択):菊田総括主任研究員
------------------------------------------------------------------------------
14:土研 新技術セミナーin札幌で講演します(耐寒材料チーム、寒地道路保全チーム)
http://www.ceri.go.jp/contents/shingijyutu/2018sapporo.html
------------------------------------------------------------------------------
 12月6日(木)に札幌サンプラザで開催される土研 新技術セミナーin札幌(主催:寒
地土木研究所)において、講演します。

【耐寒材料チーム】
・表面含浸材によるコンクリートの耐久性向上~寒冷地での約10年の検証,設計施工
 要領の紹介,最近の取り組み~:遠藤主任研究員

【寒地道路保全チーム】
・寒冷地の舗装点検技術開発の取り組み:池田主任研究員
------------------------------------------------------------------------------
15:北海道土木施工管理技士会専門技術講習会で講師を務めます(耐寒材料チーム)
------------------------------------------------------------------------------
 12月17日(月)に札幌市の北海道建設会館で開催される北海道土木施工管理技士会専
門技術講習会(主催:一般社団法人北海道土木施工管理技士会)において、講演します。

・コンクリート構造物の補修対策:内藤主任研究員
------------------------------------------------------------------------------
16:第23回舗装工学講演会に参加します。(寒地道路保全チーム)
→ http://committees.jsce.or.jp/pavement06/node/9
------------------------------------------------------------------------------
 12月6日(木)~7日(金)に土木学会(東京・四谷)で開催される第23回舗装工学講演会
(主催:公益社団法人 土木学会)において,発表します。

・貨物自動車の運行データから路面平坦性を推定する技術に関する一検討:大浦研究員
・電気抵抗による舗装体の凍結融解評価に関する一検討:上野研究員
・北海道型SMAの高耐久化と走行安全性に関する基礎的研究:田中研究員
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■北の道ナビニュースhttp://northern-road.jp/navi/(携帯版:http://n-rd.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北の道ナビ新着情報には、道路の開通や割引キャンペーンなど、知って得する北海
道の道路関連ニュースが掲載されています。ぜひ、ご覧ください。
北の道ナビ新着情報 →  http://northern-road.jp/navi/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■道内・国内・海外ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[道内]
・第34回寒地技術シンポジウム
 期間:平成30年12月5日(木)~7日(金)
 場所:札幌コンベンションセンター
 発表申込:〆切済み
 http://www.decnet.or.jp/project/ctc/

[国内]
・第14回 土木学会 景観・デザイン研究発表会
 期間:平成30年12月7日(金)~9日(日)
 場所:長崎市民会館
 投稿受付:〆切済み
  http://www.jsce.or.jp/committee/lsd/conference/index.html

・第16回ITSシンポジウム2018
 期間:平成30年12月13日(木)~14日(金)
 場所:同志社大学 今出川校地 寒梅館
 投稿申込 査読あり 査読無しとも 〆切済み
 http://www.its-jp.org/event/its_symposium/16th2018/

[海外]
・TRB年次総会
 期間:平成31年1月13日~17日
 場所:ワシントンDC
 論文投稿〆切済み
 http://www.trb.org/AnnualMeeting/AnnualMeeting.aspx

・第15回世界交通会議(WCTR)
 期間:平成31年5月26日(日)~31日(金)
 場所:ムンバイ(インド)
 査読論文:〆切済み
 査読無し論文:〆切済み
 http://www.wctrs-conference.com/

・ISCORD 第12回寒地開発に関する国際シンポジウム
 期間:平成31年6月17日(月)~19日(水)
 場所:オウル(フィンランド)
 論文概要〆切:〆切済み
 http://www.ril.fi/en/events/iscord-2019.html

・第26回PIARC世界道路会議
 期間:平成31年10月6日(日)~10日(木)
 場所:アブダビ(アラブ首長国連邦)
 概要〆切:〆切済み
 http://www.road.or.jp/international/pdf/abudhabi_japanese.pdf
 https://abstracts-abudhabi2019.piarc.org/en/guidances.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2018年、私たちの暮らしは、極端気象による豪雨や強風、超大型台風、短時間の豪
雪、そして地震と大規模停電(ブラックアウト)など、今までに体験したことのない
状況に、どこでも、だれでも陥ることを身を持って体験させられました。これら自然
災害の発生は防ぐことができませんが、知恵と工夫で対応し、被害を軽減することが
可能です。土木研究所、寒地土木研究所の仕事は災害発生時の緊急対応や対策の技術
開発などで忙しい一年でありましたが、私たちの暮らしに欠かせない仕事であると改
め思いました。ただし、新しい技術はすぐにできないので、一人一人の心構えや備え
が肝要です。
 2019年は新しい元号になります。災害のない、穏やかな年になることを切に願うば
かりです。
              寒地交通チーム総括主任研究員  平澤 匡介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved