北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

2016年度雪氷学会北海道支部研究発表会で発表しました。

寒地道路研究グループ : 2016年5月18日

2016年5月13日(金)~14日(土)にかけて、日本雪氷学会北海道支部研究発表会が、北海道大学学術交流会館で開催され、寒地道路研究グループからは以下の発表を行いました。

また、伊東が「積雪調査(2)」の座長を務めました。

お天気にも恵まれて、多くの方が聴講に訪れ、会場では活発な議論が展開されました。

  • 道路防雪林における生長推移と下枝枯れ上がりの進行: 伊東主任研究員
  • 吹雪視程障害発生に及ぼす沿道環境や道路構造の影響: 武知研究員
  • 地震による雪崩発生リスクの評価技術について: 高橋研究員

IMG_1552.JPGDSC03964.JPG

発表要旨等は日本雪氷学会北海道支部のホームページをご覧下さい。

<< HOME(TOPページ)へ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved