北の道

HOME > 北の道リサーチNEWS

第50回土木計画学研究発表会に参加しました

寒地道路研究グループ : 2014年11月11日

平成26年11月1~3日に、鳥取計鳥取市 鳥取大学にて、第50回土木計画学研究発表会が開催されました。この研究発表会では、土木工学のうち、 計画論・交通現象分析・交通運用管理など土木計画に関する様々な分野について研究発表や意見交換が行われました。 寒地道路研究グループからは以下の発表を行いました。

詳細は、右記のアドレスより参照願います。 http://www.jsce.or.jp/committee/ip/conference/ip50/index.shtm  

  

【口頭発表】
「道路複合雪害が走行速度に及ぼす影響評価」(寒地交通チーム:藤本研究員)
「ドライバーの運転行動からみた積雪条件下のラウンドアバウトにおける視線対象物の効果について」(寒地交通チーム:影山研究員)
「吹雪の視界情報提供による行動判断支援」(雪氷チーム:松澤上席研究員)
「冬期道路環境が利用者のルート選定に与える影響について」(雪氷チーム:原田研究員)
「冬期道路の吹雪危険度評価技術に関する研究」(雪氷チーム:武知研究員)

  

【口頭発表状況】

matsuzawa2.jpg  fujimoto.JPG  

           ▲松澤上席研究員                    ▲藤本研究員

    

<< 寒地道路研究グループ TOPページへ

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved