寒地土木研究所
PIARC国際冬期道路会議(2014アンドラ大会)に参加しました


 平成26年2月4~7日、アンドラ公国アンドラ・ラベリャ市で、世界道路協会(通称PIARC: Permanent International Association of Road Congress)の第14回国際冬期道路会議が開催されました。

 国際冬期道路会議は、1969年のドイツの第1回会議を皮切りに、ほぼ4年に一度の頻度で催され、2002年には札幌でも開催されました。アンドラ公国は、ピレネー山脈の中の人口約8万人の小さな国です。当研究所からは13名が発表を行ったほか、松澤上席研究員が融雪技術と情報収集技術のセッションの座長を行いました。

【発表論文】(登録順)
The Effect of Silane-Type Surface Penetrants to Control Scaling and Salt Damage of Highway Bridge Wheel Guard Concrete in Cold Region
(シラン系表面含浸材による寒冷地の道路橋地覆コンクリートのスケーリング及び塩害の抑制効果)
(T8-2,Poster C,耐寒材料チーム遠藤研究員)

Winter Road Research Programs of the Public Works Research Institute of Japan under the Circumstances of Climate Change and Financial Constraint
(気候変動並びに資金制約条件下における土木研究所の冬期道路研究プログラム)
(Poster A,寒地交通チーム石田上席研究員)

Basic tests to select snow-removal vehicles and to determine how snow piles affect passing vehicles、 toward the adoption of roundabouts in Japan
(日本におけるラウンドアバウトの適用に向けた除雪車両の選定と通行車両に与える堆雪の影響に関する基礎試験)
(Poster B,寒地機械技術チーム牧野主任研究員)

EXPERIMENTAL STUDY ON DETERIORATION CHARACTERISTICS OF PARTIALLY REPAIRED RC SLABS UNDER FREEZING-THAWING AND FATIGUE COMBINED ACTION
(凍結融解と疲労の複合作用下における部分打換RC床版の劣化特性に関する実験的検討)
(T8-2,Poster C,寒地構造チーム角間研究員)

Examination on the validity of visualization analysis for snow removal operation records toward the establishment of a system to support snowplow dispatch decisions and snow removal work
(除雪出動判断及び運用支援システムの構築に向けた除雪作業履歴可視化分析の有効性検討)
(T4-7,Poster A,寒地機械技術チーム小宮山研究員)

INVESTIGATION OF EVALUATION AND ESTIMATION OF TUNNEL LINING DETERIORATION BASED ON INSPECTION DATA
(定期点検結果に基づくトンネル覆工コンクリートの劣化予測と評価に関する研究)
(Poster D,寒地構造チーム佐藤研究員)

A Study on Use of Quantitative Indicator to Support the Improvement of Winter Road Management
(冬期路面管理の適正化に資する客観的指標の適用に関する研究)
(T4-4,Poster C,寒地交通チーム徳永主任研究員)

A Method of Estimating Winter Climate Parameters Using Future Projections from the Global Climate Model
(気候モデルの将来気候値を用いた雪氷気候値の推定)
(T1-1,Poster A,雪氷チーム原田研究員)

FEASIBILITY STUDY ON FRICTION MAPPING
(すべりマッピングの実現可能性の検討)
(T5-5,Poster B,寒地交通チーム高橋総括主任研究員)

DEVELOPMENT OF A SNOWSTORM VISIBILITY INFORMATION SYSTEM FOR ROAD USERS
(「吹雪の視界情報」システムの構築について)
(T6-3,Poster A,雪氷チーム金子主任研究員)

The Highway Snowstorm Countermeasure Manual (Revised Edition 2011)
(道路吹雪対策マニュアル(2011改訂版)について)
(Poster C,雪氷チーム松澤上席研究員)

A Study on Chemical Treatment Strategy in Consideration of Pavement Types
(舗装の種類を考慮した凍結防止剤散布手法に関する研究)
(T5-1,Poster A,寒地道路保全チーム田中研究員)

Conditions for increasing the slope distance between avalanche prevention bridges and its construction costs
(雪崩予防柵の列間斜距離の拡張可能な条件と工事費について)
(T5-10,Poster D,雪氷チーム松下研究員)

p140213a.jpg
▲下が展示とポスターセッション会場、右上の建物が会議会場

p140213b.jpg
▲ポスターセッションで説明を行う松澤上席研究員


Copyright 2006 独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved

北の道 TOP